終の棲家で身内だけで法事をするケースは戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれはそれとして悪くないのでは…。

Home / endinglife / 終の棲家で身内だけで法事をするケースは戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれはそれとして悪くないのでは…。

終の棲家で身内だけで法事をするケースは戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが胸の内にしっくりくるのであればそれはそれとして悪くないのでは、無いのではないかと考えます。
喪家と言う意味はご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を用いることも多々あり喪家は関西地域を主体として、採用される、傾向がみられると考えられます。
葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教のお別れの儀では初めに宗教者による読経等々施し、そして告別式、主に喪主による故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、執り行われます。
葬儀は候補によって料金や仕様が大きく差異が出るだけに事前に神戸の、葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の情報をおさえておけば、失敗と感じない、葬儀を行えます。
リアルな輪郭がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という口語ですが、主体として家族や近しい人を中枢とした少数での葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)の呼び名として使用しています。

お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)は本来は親族や近しい人が一晩中亡くなった人にお供するものでしたが、昨今では宵の口に終わる半通夜が普通です。
自発的に記したエンディングノートも在りかをみんな知らなければ意味がないので、信じる事ができる人に言っておきましょう。
普遍的に我らは『法事』といわれていますが、根源的に言うと、坊主に読経を読んでもらうことを「法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)」と言うので、法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)と精進落としも合わせた祭事を『法事』と言われています。
黄檗宗ではどちらの菩薩をご本尊と理解してもみんなお釈迦様につながるとした教えだと思いますが、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の家で葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)をする場合は、ご本尊様としてお軸を使う時があります。
素晴らしい人が亡くなったことを現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を祀り集合した親族や友人と、悲しみを共感することが、深い悲しみを癒してくれます。

素敵なお葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで流れ良く無事に葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)を終わらせることができ、きちんとお別れが出来ることが、良い葬儀といえるでしょう。
葬儀の動きや進行すべき点というのは葬儀屋がアドバイスしてくれますしご家族のお礼文も定型文が存在するので、それをちょっと喪主の言葉をアレンジして挨拶に変えればいいだけです。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは旧来は前夜にお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)の祭祀を行い、次の日に葬式(正確には葬儀式と言い、亡くなられた方の冥福を 祈り、別れを告げる儀式のことを言います。 葬儀も通夜の起源同様、お釈迦さまの両親 が亡くなった時と、お釈迦さまが亡くなられた時にさかのぼります。一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。 これは本来は「葬儀(式 )」と「告別式」とが別個に行われていたのが、 一緒に行われるようになったためにできた 言葉です)と二日またいで取り仕切られる葬儀を、通夜なしで一日で終止する葬儀の流れです。
当事者・家族・仕事先近隣の方々・友人・趣味の付き合いを詳細に調査し相応しいアドバイスと、最良な葬儀プランを、ご紹介します。
先祖代々に対してのご供養なので身内たちで行った方が、超したことは無いのですが、それぞれの都合で、実践できない時には、お寺に相談させてもらい、卒塔婆を立てるお参りに限定して、委任する事もあります。